Check Point

UTMについて

総合的なセキュリティ対策を行う上で、UTMを導入する企業が増えています。

UTM(Unified Threat Management)とは、直訳すると「統合脅威管理」という意味です。

ファイアウォールのほか、Webフィルタリング、ウイルスメール防御、スパイウェア防御など、 複数のセキュリティ機能を一つに統合したものを差します。

ウイルス対策ソフトやファイアウォールだけでは防ぐことのできない様々な脅威から 企業のネットワークセキュリティーを守ることができます。

UTM導入のメリット

UTMは社内ネットワークの入り口の段階で、外からのウイルスやサイバー攻撃を侵入検知・防御し、仮に社内ネットワーク内のパソコンにウイルスが感染した場合や、ウイルス感染したパソコンや情報端末が内部に持ち込まれた場合も外部への情報の流出を防ぐことができます。

UTMを導入した場合、機器のメンテナンスや最新のウイルス対策のアップデートなどは自動的に行われます。

一般的なウイルス対策ソフトと比較しても、パソコンの動作が重くならないので業務に集中する事ができます。

セキュリティに詳しい担当者がいない場合でも、メーカーによるフルサポートが受けられますので、強固なセキュリティ環境を簡単に構築する事ができます。

UTM製品紹介

チェックポイント700シリーズ(730/750)は、小中規模オフィス向けのUTMです。 中小企業を保護する強力なセキュリティを一台に集約。

IPS(侵入防御) 脆弱性を突く攻撃から社内ネットワークを防御します。
アンチウイルス インターネットやメール経由の感染ファイルを遮断します。
スパムメールフィルタ 無差別に送られる迷惑メールをブロックします。
URLフィルタリング 偽サイトへのアクセスを制限し、情報漏洩や不正アクセスを防ぎます。
アプリケーションコントロール 許可されたアプリケーション以外の実行を禁止します。
アンチボット マルウェアなどの不正プログラムを監視・検出・駆除します。

contact

製品・サービスに関して
お気軽にお問い合わせください

〒150-0036 東京都渋谷区南平台15-10 南平台プチビル3F 【 アクセス